先端的D&O保険 会社役員賠償責任保険の有効活用術
著者 山越 誠司 先端的D&O保険
出版社 保険毎日新聞社
発行日 2019年5月15日
体裁・価格 本体3200円/税込3456円/送料450円+税
A5判/264ページ
注文ページへ
D&O保険(会社役員賠償責任保険)は、二十数年前にアメリカから導入されて以降、アメリカのD&O保険とわが国のD&O保険で明らかに異なる発展形態を示してきており、アメリカ型の先端的D&O保険は会社を補償する保険として、日本の伝統的D&O保険は役員個人を補償する保険として構成されているといわれています。
このアメリカ型の先端的D&O保険における保険保護や被保険者の範囲は広く、従来のわが国のD&O保険であれば補償の対象外あるいは免責になっていた事項でも有責とされて保険金支払の対象となることも多く、そのため、先端的D&O保険約款の本来の機能を理解していないと、伝統的D&O保険にあっては保険契約者や被保険者そして保険者さえも予期しなかった結果がもたらされことにもなり、先端的D&O 保険約款の理解や解釈は非常に重要な事柄となっています。
本書は、日本の経済社会状況の変化や企業の国際化などを背景に、先端的D&O保険がそれぞれの経営環境の下で活動する会社役員や企業におけるリスクマネジメントの役割を担いながら普及していく中で、徐々に明らかになってくると思われる様々な課題を先取りし、先端的D&O保険約款を実効性と限界の視点から多角的に分析と解説を試みています。
D&O保険の導入を勧める損保会社や代理店及び営業担当者はもとより、企業のD&O保険実務担当者や企業法務弁護士にとっても実務参考書として必読の書といえます。

■本書の内容:
第1章 アメリカ型D&O保険の発展経緯と課題
第2章 D&O保険の国際化における視点と課題
第3章 グローバルD&O保険プログラムの構造と限界
第4章 D&O保険における事故のおそれの判断基準
第5章 倒産と会社買収時におけるD&O保険
第6章 D&O保険の免責分離条項と告知分離条項
第7章 D&O保険の支払限度額増額と利益相反
第8章 近年のD&O保険の論点に対する提言
第9章 D&O保険実務から保険契約法への示唆
終章
資料 会社役員賠償責任保険約款(サンプル)
事項索引

■著者紹介
現職:オリックス株式会社投融資管理本部ポートフォリオ管理部担当部長
略歴:1968年札幌市に生まれる。1993年、東洋大学大学院法学研究科博士前期課程修了、日産火災海上保険株式会社入社。2001年以降、エーオン・リスク・サービス・ジャパン株式会社、株式会社エヌ・エヌ・アイ、オリックス株式会社、フェデラル・インシュアランス・カンパニーを経て、2016年 オリックス株式会社再入社。