保険ERM基礎講座
著者 有限責任監査法人トーマツ 後藤茂之 著 保険ERM基礎講座
出版社 保険毎日新聞社
発行日 2017年4月11日
体裁・価格 本体2400円/税込2592円/送料300円
A5判/268ページ
注文ページへ
 リスクは避けるものではない。積極的にテイクして管理すべきリターンの源泉である。
 保険会社経営の核に位置づけられたERMの発展と現在の運用、そして将来生じるパラダイムシフトの先を見据えたERMの行く先を解説。

■本書の内容:
はじめに
第T章 保険ERMの過去・現在
第1節 保険ERM温故知新
T-1-1. 普遍的な保険制度の本質と、ERM の意義
T-1-2. リスク管理の重要性
T-1-3. 保険会社のガバナンス
コーヒーブレイク1 製造物賠償責任保険に関わる事例
第2節 保険ERMと不易流行
T-2-1. ナレッジの集大成としてのモデルとその限界
T-2-2. 金融危機とERMの強化
T-2-3. リスクアペタイト・フレームワークの実効性とコンダクトリスクへの関心
コラム1 金融危機以降の監督規制の動向
第U章 保険ERMの活用上の論点
第1節 意思決定の科学
U-1-1. 意思決定における錯覚と判断上のリスク
U-1-2. ERMの実効性を担保するリスクカルチャーの重要性
U-1-3. 判断上のリスクに対するアプローチ
コラム2 意志決定における主要なバイアス
第2節 不確実性とERM
U-2-1. 保険で対処できる領域と限界
U-2-2. 保険会社の使命と枠組み
U-2-3. 不確実性を捉える視点
コラム3 不確実性下の意思決定理論
コラム4 プロスペクト理論
第3節 資本とERM
U-3-1. 保険のポートフォリオの特徴と資本の管理の概念
U-3-2. コーポレートファイナンスと資本コスト
U-3-3. 規制資本とストレステスト
コラム5 代替的リスク移転(ART)と金融エンジニアリング
第V章 保険ERM実践上の論点
第1節 戦略論とERM
V-1-1. ポジショニング理論と保険における外部ハザード
V-1-2. 資源依存理論からみた資本の意義
V-1-3. 戦略的バイアスに陥らないための経営
第2節 グローバリゼーションとERM
V-2-1. マネジメントとオペレーションのグローバル化
V-2-2. 保険監督のグローバル・ハーモナイゼーション
V-2-3. ポートフォリオのグローバル化とガバナンス
コラム6 マクロプルーデンスと保険ERM
第3節 ERMの実効性
V-3-1. ERM構築のステージの変化
V-3-2. リスクカルチャー醸成の重要性と進め方
V-3-3. ERMの実効性向上と企業価値の拡大
コーヒーブレイク2 サブプライムローンによる金融危機
コラム7 保険、銀行のビジネスモデルとリスク
第W章 保険ERMの今後
第1節 パラダイムシフト
W-1-1. 枠組みや業務管理の変化と不確実性の拡大
W-1-2. 規制強化と不確実性の高まり
W-1-3. 不確実性の高まりと新たな視点
W-1-4. 新技術によるビジネスモデルとリスク社会への影響
コーヒーブレイク3 東日本大震災を振り返る
第2節 アイスブレイキング
W-2-1. デジタル技術との共生と保険ERMの今後
W-2-2. デジタル革命への対応
W-2-3. 変化の時代におけるカルチャーの革新
W-2-4. 企業活動における必要条件
おわりに