ドイツ人が見たフクシマ 〜脱原発を決めたドイツと原発を捨てられなかった日本〜
著者 熊谷 徹 著 ドイツ人が見たフクシマ  〜脱原発を決めたドイツと原発を捨てられなかった日本〜
出版社 保険毎日新聞社
発行日 2016年3月18日
体裁・価格 本体1800円/税込1944円/送料300円
四六判/272ページ
注文ページへ
 ドイツでは、脱原子力と再生可能エネルギーの拡大政策をエネルギー転換(Energiewende・エネルギーヴェンデ)と呼んでいる。なぜ日本から1万キロメートル離れたドイツが、大胆なエネルギー転換に踏み切ることができ、深刻な原子力災害を経験した日本が、ドイツのような本格的なエネルギー転換に踏み切れなかったのか?日独両国のエネルギーに横たわるパーセプション・ギャップ(物の感じ方、把握の仕方の違い)、そしてリスク意識の違いは、どこから来るのか。
 本書は、福島事故から5年という節目に、これらの問いに答えようとしたものである。

■本書の主な内容:
第1章 ドイツ人に強い衝撃を与えた福島事故
第2章 なぜドイツ人は原子力と訣別したのか
第3章 ドイツ・エネルギー転換の全貌と試練
第4章 原子力時代の負の遺産との戦い
第5章 日独リスク意識の違い