[うず]
◆オーラ撮影会
 “オーラ”というと超常現象の世界を思い浮かべるが、最近、この“オーラ”を撮影するイベントが来店型保険ショップで人気を呼んでいる。超能力でも使うのかと疑ったが、撮影は現代風にパソコンとPCカメラで行われる。撮影に使われる機械は米国製の特殊なもので、生体電磁波をキャッチして色に変換するという。
 撮影方法は簡単で、まずPCの前に座り、左手を電極の上に置く。そうするとPC画面上に色の付いた自分が映し出され、プリントアウトされる。色は12種類に分かれており、赤や黄色、緑、白など、人それぞれ異なった色が写し出される。この色によって、性格をプラス面とマイナス面で分析する。ちなみに、わたしの色は黄色と緑のツートンだった。“自然体の性格”といったところか。自分では芸術面の色が出てほしかったが、どうも芸術家には向いていないようだ。
 オーラ撮影はメンタルヘルスの面でも活用されており、若い女性たちの間で人気が高く、有料カウンセリングを受けにくる女性もいるという。一般的に街のヒーリング施設などでは撮影に数千円程度かかるケースもあるが、保険ショップはイベントとして無料で顧客に提供している。実施した保険ショップでは、客待ちが出るほどの人気を得ているケースも多いという。
 このオーラ撮影を行っている色彩の専門校エコール・ド・メチエ広島では、「心のストレス解消に微力ながらも寄与していると思う。イベントで無料開放することは、一種の社会貢献にもつながっている」と意義を語る。
 保険ショップでは、このイベントでアンケートを取ったり、顧客の色の分析を通して保険販売の対応を変えているところもある。顧客の色と同調するスタッフが対応することで、親しみや安心感が生まれ、その後の契約もスムーズに運ぶというわけだ。
 保険とは全く関係ないと思われた世界が、今、不思議なところで結び付いている。保険販売チャネルも、それぞれのカラーを出すことが求められる一つの事例でもある。
(リュウ)
【保険毎日新聞2010年4月14日】